9月3日、一般社団法人CID-UNESCO-TOKYOユネスコ国際ダンスカウンシル東京がアジア初となる世界最大級のダンスの祭“CID-UNESCO 第38回ワールドダンスコングレス2014”開催にあたり、“アジア初開催記念、記者パーティー”を実施。TEMPURA KIDZが参加し、パフォーマンスを披露した。

記者パーティーでは、イベントの主旨、概要、これまでの経緯が説明されるとともに、梅若猶彦観世流(能楽師シテ方)、TEMPURA KIDZ、YANO BROTHERSなどのゲスト・アーティストを含む公式プログラムを発表。広報親善大使として就任した京子スペクター、佐渡アンも“就任への抱負と今後の大使の活動について語った。

「CID-UNESCO ワールド・ダンス・コングレス」は、主にヨーロッパを中心に40ヵ国以上が参加し、1987年から過去36回にわたり開催されてきた歴史あるダンスの祭典。日常生活とダンスが密接している海外では、年代、経験の有無に関わらず多くの方が本イベントに参加し、ダンスの素晴らしさを学び、体感している。

2014年の開催にあたり舞台が日本となった背景として、継続的かつ積極的な誘致活動が実を結んだことに加え、東日本大震災から復興途上の日本が“ダンスのチカラ”で元気になってもらいたいというCID-UNESCO本部そして参加各国のあたたかい思いがある。

CID-UNESCO-TOKYOでは、記念すべき日本での初開催へ向け、日本バレエ界における海外進出のパイオニアであり顧問の吉田都に加え、元宝塚歌劇団で女優の大地真央を親善大使として起用。また、 にはデーブ・スペクター、京子スペクター、佐渡アン、田中英和を広報親善大使に迎え、10月の開催まで様々なプロモーション活動を展開していく予定とのこと。    

今や日本だけではなく世界中に活躍の幅を拡げているTEMPURA KIDZ。今回のイベントもそんな成長への第一歩となるであろう。

イベント情報
CIDユネスコ第38回ワールドダンスコングレス2014
10/23(木)〜10/27(月)東京・シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

先日、タイ・バンコクのインパクトアリーナで開催されたタイ国内史上初のアジア音楽フェスティバル「TOFU MUSIC FES 2014」に出演したばかりのTEMPURA KIDZが、8月30日(土)・31日(日)の2日間、タイ・バンコクのセントラルワールドスクエアで開催された「TOKYO RUNWAY supported by JAPAN EXPO」へ出演。2週連続となるタイでのライブとなり、地元のオーディエンスを熱狂させた!今回のイベントは、最新のJAPANカルチャー(ミュージック、ファッション、ダンス)が集結する記念すべきイベントとして、9年の歴史あるJAPAN FESTAと同時に開催されるJAPAN EXPO2014にてTOKYO RUNWAYが主要コンテンツとして参加。「日本を飛び出しアジアへ。」を合言葉に、最旬アーティストライブ、ファッションショー、ダンスパフォーマンスなど、日本だけではなく、タイで活躍中のアーティスト&モデル&ブロガーも参加。さらにタイ以外のアジアで活躍中の日本人モデルもステージを彩り、2日間で延べ12万人が来場した。

 1日目、TEMPURA KIDZがステージに登場するや否や大歓声が巻き起こり、「DANCE NUMBER Vol.3」を披露。続いて日本の国民的アニメ“キテレツ大百科”でお馴染「すいみん不足」は、おきまりの盛り上げナンバーとなっており曲中でコール&レスポンスが巻き起こる!そして槇原敬之の永久の名作をTEMPURA流にカヴァーした「どんなときも。」歌唱時は、会場が一体となり盛り上がりは最高潮となった。 そしてなんとこの日は、メンバーP→★の誕生日(15歳)当日ということもあり、LIVE終了間際にお客さん達からスペシャルサプライズが!!「P→★君、お誕生日おめでとう!」と日本語で書かれた用紙を会場の皆が高々に掲げてくれるというサプライズに、メンバー皆が感動する場面もあった。

 そして2日目、この日も会場のボルテージは一気にヒットアップする!「DANCE NUMBER INDIA」、「すいみん不足」と続き「CIDER CIDER」。TEMPURA KIDZの代表曲とも言えるこの曲のイントロが流れるや否や、会場からは「キャー!」っと大きな歓声が!実はこの曲、YouTubeでの再生回数が88万回を超えておりタイでも大きな話題となっている。海外での公演は先週のタイ公演を含めこれでまだ3回目だが、TEMPURA KIDZの音楽は着実に世界へ浸透しているようだ。

 実はこのイベントには、先月、配信限定シングル「ミイラキラー」でコラボしたCharisma.comも出演しており、両日とも彼女達のステージに飛び入り参加し「ミイラキラー」をタイで初披露。突然のサプライズに会場からしばらく歓声が止むことはなかった。

このように日本国内だけではなく着実に世界へと活動の幅を拡げつつあるTEMPURA KIDZ。

日本のTEMPURAが世界のTEMPURAとして輝く日もそう遠くはないだろう。今後、TEMPURA KIDZが成長していくにつれて、どのように音楽が拡がっていくのか楽しみでならない!

 

[TOKYO RUNWAY supported by JAPAN EXPO]

■日時:8月30日(土)31日(日)

■場所:タイ・セントラルワールドスクエア

■時間:両日15:30~20:30

[セットリスト]

<1日目>

1:OPENING テーマ

2:DANCE NUMBER Vol.3

3:すいみん不足

- MC -

4:グーチョキパーで何つくろう

5:どんなときも。

<2日目>

1:OPENING テーマ

2:DANCE NUMBER INDIA

3:すいみん不足

- MC -

4:CIDER CIDER

5:はっぴぃ夏祭り

■TEMPURA KIDZ vs Charisma.com「ミイラキラー」

http://youtu.be/NDEl77WMY8Q

■「ミイラキラー」のダウンロードはこちらから!

https://itunes.apple.com/jp/album/id903266774?at=10lpgB&ct=4547557035384_wn

これまでにないジャパニーズポップカルチャーを発信する大型複合フェス

9月28(日)開催「もしもしにっぽんFESTIVAL 2014」の追加ラインナップ・コンテンツが発表!
公式URL:http://fes14.moshimoshi-nippon.jp/

image

9月28日(日)に東京体育館で開催される、もしもしにっぽんプロジェクトが仕掛けるジャパニーズポップカルチャーを発信する大型複合フェス「もしもしにっぽんFESTIVAL 2014」の追加ラインナップ・コンテンツが発表された。

■追加ラインナップ発表!
 追加ラインナップとして、SUPER☆GiRLS、Cheeky Parade、南波志帆、NEKO PUNCH、ハナエ、May’n、Una、Yun*chi、TEMPURA KIDZなどジャパニーズポップカルチャーを支え、盛り上げるアーティストが多数出演。第一弾出演者として発表された、きゃりーぱみゅぱみゅ、Silent Siren、でんぱ組.incらの人気アーティストのほか、武智志穂、田中里奈、青柳文子、三戸なつめ、柴田紗希、瀬戸あゆみらの人気青文字系モデルと合わせ、すでに豪華出演者が決定しているが、今後も追加ラインナップの発表が予定されている。

■フードエリアやLIVEなど複合フェスのコンテンツも発表! 
 コンテンツとして、屋外ではDJやLIVE、ショーありのコンテンツ盛りだくさんのステージ、お祭りをイメージした焼きそば・たこ焼き・クレープ・ポップコーンや限定オリジナルフードも食べれるフードエリア、お祭りに行けば必ず出会える輪投げや射的などのゲームエリア、そして、もしもしにっぽんパネルでのスナップ撮影などお祭り感満点のコンテンツが目白押しとなっている。コンテンツもラインナップ同様に追加情報の発表が予定されているので、お楽しみに。

■チケット一般発売中!
 本イベントの前売りチケットは各種プレイガイドにて3,500円(全自由/1フード券付き/税込)で発売中。さらに外国籍の方は優待券(都内各所配布予定)とパスポートもしくは在留カード提示で専用ゲートから入場無料となっているので、国内外問わず様々な国籍の方が入り乱れるイベントとなりそうだ。

■もしもしにっぽんFESTIVAL 2014とは?
「もしもしにっぽんFESTIVAL 2014」は、アニメ・アイドル・コスプレなど主に二次元コンテンツがベースとなったOTAKUカルチャー、ファッション・音楽・ビューティー など世界が注目する日本の” KAWAII” をキーワードにしたKAWAIIカルチャー、 日本ではお馴染みの食文化である寿司・ラーメンなど食に関するFOODカルチャーなど、日本発のカルチャーから生まれた様々なコンテンツを、見て・体験して・楽しめる、 ポップカルチャーの祭典となっている。

■公演概要
◯タイトル
 もしもしにっぽんFESTIVAL 2014
◯会場
 東京体育館
◯開催日時
 2014年9月28日(日)
 開場 12:00 開演 13:00
◯コンテンツ
 KAWAii!! STAGE / JAPAN BEAUTY AREA / POP CULTURE AREA / JAPAN FOOD FESTIVAL /
 OUTDOOR STAGE and more!!!
◯料金
 前売り:3,500円(全自由/1フード券付き/税込)
 ※外国人は優待券(都内各所配布予定)とパスポートもしくは在留カード提示で専用ゲートから入場無料
 ※外国人優待券情報は後日オフィシャルHPでアップ
 ■一般発売プレイガイド発売中!
  8月31日〜(チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスなど)
  http://fes14.moshimoshi-nippon.jp/
◯出演者
 ■アーティスト
  きゃりーぱみゅぱみゅ、Silent Siren、SUPER☆GiRLS、でんぱ組.inc、TEMPURA KIDZ、May’n、アイドルネッサンス、Ange☆Reve、ANNA☆S、FYT、CAMOUFLAGE、Caramel、GALETTe* 、Cupitron、Stella☆Beats、DIANNA☆SWEET、Cheeky Parade、つりビット、TOKYO TORiTSU これで委員会、drop、南波志帆、虹のコンキスタドール、NEKO PUNCH、ハナエ、みみめめMIMI、山口活性学園、Una、Yun*chi、Luce Twinkle Wink☆ and more!!!
 ■モデル
  武智志穂、田中里奈、青柳文子、三戸なつめ、柴田紗希、瀬戸あゆみ、ゆら、中田クルミ、佐藤さき、やのあんな、木村ミサ、柴田ひかり、矢部ユウナ、阿知波妃皇、村田倫子、上野瞳、中世古麻衣、古関れん、谷口朝香、谷奥えま、谷奥えり、YuRi、ルウト、山本和樹、岡毅 and more!!!
 ■ゲスト&MC
  増田セバスチャン、ニーコ、近藤夏子、レイ・マストロジョバンニ and more!!!
◯主催
 もしもしにっぽん実行委員会
◯企画・制作・運営
 アソビシステム株式会社 / アソビワークス株式会社 / ホットスタッフ・プロモーション
◯オフィシャルHP
 http://fes14.moshimoshi-nippon.jp/

岡山FM 「Twilight Pavement」9/2 17:00~19:00 O.A予定
ZIP FM     「DIF IT! DIG IT!」9/5(金)24:00~27:00 O.A予定
 FM広島 「MUSIC VO ICE」 9/16(火) 16:55~17:00 O.A予定

FM愛知「SUPER MUSIC EXPRESS」9/8(月)〜9/11(木)21:55〜22:00 O.A予定

FM宮崎 「レディオパラダイス 耳が恋した」 8/25( 月) 17:40頃 O.A予定

      「JOY FM  HYBRID MORNING」 8/28(木) 09:20頃 O.A予定

FM新潟 「Brand New Hits」 8/26(火) 23:55〜 O.A予定

 

image

3rdアルバム「ピカピカふぁんたじん」がオリコン1位を獲得し、2度目のワールドツアーも大盛況のうちに終了した、きゃりーぱみゅぱみゅ。

そんな、きゃりーと一緒に踊ってくれるキッズダンサーを今年も募集。
3度目となる今回は、関東エリア最終審査を、公開オーディション形式で、新大陸Great Summer スタジアムで開催!!


この最終審査での合格者は、10月18日からスタートする、きゃりーぱみゅぱみゅのアリーナツアーのステージに立てるチャンスをゲット。


当日は、現役きゃりーキッズダンサーや、きゃりーキッズからデビューしたTEMPURA KIDZのミニライブも実施。
みんなで、未来のきゃりーキッズを応援しよう!

[開催日]

2014年8月28日(木)

[公演時間]

開場 10:00 / 開演 10:30

終演 12:45

[出演者]

TEMPURA KIDZ / きゃりーキッズ

image

image

TOKYO RUNWAY supported by JAPAN EXPO

日時:8月30日(土)31日(日)
場所:タイ・セントラルワールドスクエア
時間:両日15:30~20:30(予定)
あのTOKYO RUNWAYが灼熱のタイ・バンコクについに登場!
最新のJAPANカルチャー(ミュージック、ファッション、ダンス)が集結する記念すべきイベントが8月バンコクにて開催。
9年の歴史あるJAPAN FESTAと同時に開催されるJAPAN EXPO2014にてTOKYO RUNWAYが主要コンテンツとして参加します。
日本を飛び出しアジアへ。を合言葉に、最旬アーティストライブ、ファッションショー、ダンスパフォーマンスをタイにお届します。
今世界中から注目されているタイ・バンコクでの貴重な2日間となります。
アーティストラインナップ
Charisma.com
CREAM
CYBERJAPAN
DANCERS
Ksuke
TEMPUA KIDZ
and more…(ABC順)
日本だけではなく、タイで活躍中のアーティスト&モデル&ブロガーも参加。
さらにタイ以外のアジアで活躍中の日本人モデルもステージを彩ります。
ステージだけではなく、ブースもTOKYO RUNWYエッセンスが入った最新アパレルやライフスタイルを高めるブースが勢ぞろい!
タイだからこそ知れる日本のクールな情報がたくさんあります!
とびきりのおしゃれをして遊びにきてください!
2日間みんなで盛り上がりましょう!
———————

TOKYO RUNWAY supported by JAPAN EXPO

Date:Saturday 30th and Sunday 31st  August

Place:Central World Square in Thailand

Time :15:30PM – 20:30 PM ( not fixed yet)

TOKYO RUNWAY finally arrives in the center of South East Asia, Bangkok Thailand!

One of the Cooliest Japan Culture event (Music, Fashion and Dance) will be held on August in Bangkok.

TOKYO RUNWAY will be joining as one of the main  content of JAPAN EXPO 2014 , which is partner event to the 9 years old JAPAN FESTA.

It will be a precious 2 days event in the hottest spot of South East Asia, Bangkok Thailand

Artists line up

 

Charisma.com

CREAM

CYBERJAPAN DANCERS

Ksuke

TEMPUA KIDZ

and more…(alphabet order )

Line up artists, model and talents are not only from Japan but more will be coming from Thailand as well.

Not only stage performance, but you can also enjoy the booth area that has TOKYO RUNWAY’s essence with fashion, beauty etc related to the cool lifestyle of Japan.

Cool Japanese information will be shared in Thailand

Get dressed in your favorite clothe and enjoy this memorable 2 days!

毎年8月に開催される高知の夏の風物詩「よさこい祭り」。今年で61回目を迎え、全201チームが参加した。

決まった振付がなく、「鳴子を鳴らし前進する踊りであること」以外はとにかく笑顔で楽しく踊ればOK、というこの祭り。他にも「音楽は、曲のどこかに「よさこい鳴子踊り」のフレーズを盛り込むこと」以外はどんな音楽を取り入れても構わない、など、自由度の高さゆえに、参加チームそれぞれが音楽や振付、衣装や地方車(じかたしゃ)に振付創意工夫を凝らし、華やかに街中を踊り歩くのが特色となっている。

そんなよさこい祭りに、TEMPURA KIDZが振付で初参加。当日はダンサーとしても参加して高知市内を踊り歩き、参加したダイヤモンドダイニングよさこいチームは見事、審査員特別賞を受賞した。

「ハイブリッドよさこい」をテーマに小田吉男氏がプロデュースを担当したダイヤモンドダイニングよさこいチーム。楽曲プロディースはTEMPURA KIDZ の数多くの楽曲を手がけているRAM RIDERが担当し、サーカス団をイメージしたデザイン監修を、きゃりーぱみゅぱみゅの美術などを多く手がけている増田セバスチャン氏が担当。よさこいの伝統の動きを上手く取り込みつつ、持ち前のキレッキレのダンスを融合させたTEMPURA KIDZによる振付で、ダイヤモンドダイニングのスタッフを始め、ニコニコ動画などWEBで圧倒的な人気を誇る踊り手集団ODOROOMやTEMPURA KIDZが踊りまくり、よさこいの伝統と現代のハイブリッド感を融合した演出は地元メディアでも大きく取り上げられた。

 8月6日には、現役OLラップユニットCharisma.comとのコラボ曲「ミイラキラー」を配信限定でリリースしたばかりのTEMPURA  KIDZ。こちらのミュージックビデオでは80年代の世界観を再現してYouTubeで話題となっているが、唯一無二のハイブリッドな特異性はここでも健在。最近ではNHK Eテレのダンス特番に出演するなど活動の幅を広げているだけに、今後の動きにも注目だ。

 

■TEMPURA KIDZ vs Charisma.com「ミイラキラー」

http://youtu.be/NDEl77WMY8Q

■「ミイラキラー」のダウンロードはこちらから!

https://itunes.apple.com/jp/album/id903266774?at=10lpgB&ct=4547557035384_wn

 

■リリース情報

TEMPURA KIDZ vs Charisma.com

「ミイラキラー」

配信限定リリース

iTunes、レコチョク、mora、ほかで好評配信中!

TEMPURA KIDZ

カバーミニアルバム

「みんなのだんすうた」

好評発売中!

 

■TEMPURA KIDZオフィシャルホームページ

http://tempurakidz.asobisystem.com/

■TEMPURA KIDZオフィシャルfacebookページ

https://www.facebook.com/TEMPURAKIDZOfficial

■TEMPURA KIDZオフィシャルtwitter

https://twitter.com/tempura_kidz

■ダイアモンドダイニング

http://www.diamond-dining.com/yosakoi/

■ODOROOM

http://odoroom.jp/

8月6日にUSTREAMで配信した公開生インタビューに、配信直後の追加取材をトッピングして再構成。新曲のウラ話をもっと掘り下げてお届けします!

——まずは今回のコラボが実現した経緯から教えてください。

いつか:去年、「ザンジバルナイト」っていうイベントに出させて頂いたときに初めてお会いして。TEMPURA KIDZのことは以前から「すごい踊る子たちだなぁ」と思ってたんですけど、そこから交流を持つようになって、今回の話につながるんです。

——TEMPURA KIDZはCharisma.comにどんな印象を持っていました?

NaNaHo:結構ズバズバ言う歌詞とか、あと音もバキバキですごいかっこよくて。でも、鋭い歌詞を書いてる人ってどういう人なんだろう? もしかしたらちょっと怖いのかな……って思ってたんですけど、メッチャやさしかったです(笑)。

——プロデュースするにあたって、どんなことを考えていましたか?

いつか:最初に5人に会ってお話をしたときに、「自分にもこういうときがあったな」ってジェネレーションギャップを感じたんですね、すごいキラキラしてて。で、今持ってる感情とかを絶対に忘れて欲しくないなと思ったんですよ。なので、今、みんなが思ってることを聞いてどうしても歌詞に入れたくて。

YU-KA:いつかさんから訊かれて言った言葉が歌詞に入ってたんで「おぉー」って(笑)。

NaNaHo:うれしかったよね、「使われた!」みたいな(笑)。

——5人とやりとりするために、いつかさんはLINEデビューしたそうですね。

いつか:そう。LINEやってなかったから、アカウント取って。

——それでLINEでグループを作って?

YU-KA:そう、7人で。

ゴンチ:カリスマキッズっていうグループをね。

NaNaHo:ゴンチさんが招待してくれました。

——そのグループトークのやりとりを教えてもらえますか?

いつか:ちょっと待ってくださいね(とiPadを取り出して画面を確認しながら……)、えっと、「今、声を大にして叫びたい言葉は?」っていう質問に、YU-KAちゃんは「24時間じゃ足りない」、KARINちゃんは「もてたーい」、AOちゃんは「納豆」!(笑)

——ぶわははは、なんだ、それ(笑)。

いつか:もしくは「おなかすいたー」って(笑)。P→★くんは「蛍光色ラブ」、NaNaHoちゃんは「朝の電車すわりたーい」って。

——なんとも個性豊かな回答だこと(笑)。

いつか:もうひとつ、「最近学んだ大事なことは?」って訊いたんですよ。そしたら……。

KARIN:私は「愛想笑い」だったかな。

NaNaHo:私は「仮眠」。

YU-KA:「主語をつけて話す」と「空気を読む」。

P→★:僕は「提出物は大事」って。

AO:私は「早く寝ること」って送りました。

——で、そういう言葉からもヒントを得て作詞を進めていった。

いつか:そう。すごい参考になりました。内容的にも繋がるように入れたつもりなんですけどね。

——今回のタイトルの「ミイラ」とは何を指してるんですか?

いつか:自分の意見を抑えて生きてる人とか、自分の考えを持たないで生きてる人をミイラに例えてるんです。今回テンプラキッズと話してて、5人くらいの年齢から今の年齢になるまでの間になくしたものをすごい感じてて。これはOL目線になっちゃうけど、社会に出て「あぁ、こういう感じね、わかりました、わかりました」「本当はこう思ってるけど、抑えて生きていきます」みたいなのが当然になってきてる中で、5人の年代はそれが当然じゃなくて、まだ反発心があると思うんですよ。だし、それが大事なことだと思ってて。

——でも、5人の年頃だと、学校生活では周りに意見を合わせちゃう場面もあったりするんじゃない?

YU-KA:とりあえず合わせておけば盛り上がるっていう。そういうのが多いかな。

AO:そうかな? 私は、学校はそういうのはそんなにないけど。

KARIN:でも、大人の前に出るとなかなか意見は言えないよね。

いつか:それをたぶんすごい感じてる気がするんですよ、テンプラは。普通の学生さんと違って、大人の社会の中でお仕事をされてるから、私たちが学生の頃より、葛藤がずっとあると思うんです。

YU-KA:けど、大人の人が言うから「そうなのかな」って思ったりするし。

KARIN:母にも「大人の言うことがすべてだから」って言われてたんで。大人が言ったことは笑顔で聞くんだよって。

AO:逆に大人の人が全部正しいとは限らないよって言われるよ。

YU-KA:YU-KAもそれ言われる。

KARIN:KARINも言われる。

YU-KA:どっちだよ!(笑)

いつか:母の意見はいずこへ?(笑)

——でも、そう言われたりもするから、AOやYU-KAちゃんは、自分なりにいろいろ考えて、自分の意見を持っていこうって思い始めてるってことだよね。

AO:そうです。

YU-KA:だから、今は、自分で一回考えてから返事をするようにしてて。

——今、テンプラは中3、高1だけど、その年頃ってちょうどそういうジレンマを感じる頃なんだと思うし、そういう意味でも今回の「ミイラキラー」は自分たちにぴったりくる曲になってるんだね。

YU-KA:そうなんです。

いつか:今の応援歌にもなって欲しいなと思ったし、大人になったときにこれを聞いて「私、あのときこういうことを思ってたんだ」って思い出して欲しいなとも思って。大人になって忘れちゃったことをこの曲で思い出して欲しいなって。大人と若者の違いは、自分の意見を隠してるかどうかっていうこと。隠さないでいいよと私は思ってるから。

——ところで、ミュージックビデオはオール名古屋ロケでしたが、撮影で印象に残ってることは?

NaNaHo:大須商店街にある喫茶店にみんなで入って、名古屋ならではの食べ物の食レポをするシーンがあるんですけど、その撮影がメチャ楽しかった(笑)。

——何を食べたの?

NaNaHo:エビサンド?

KARIN:いや、エビドッグ。

NaNaHo:エビドッグと味噌カツサンドと……小倉サンド?

YU-KA:小倉トースト!

NaNaHo:あはは、メッチャうろ覚えでした(笑)

——カリスマの2人が印象深いシーンは?

ゴンチ:商店街を私以外のみなさんが闊歩するんですけど、端から見てて、それがもうメチャメチャかっこよくて。ちょっとうらやましいなと思ってました。

いつか:っていうか、かっこつけたもん。「SEX AND THE CITY」みたいな意識だったから、私は(笑)。

——80年代テイストがコンセプトというのも今回のMVの特徴ですね。衣装もそうだし、画質まで80年代風になってる(笑)。

KARIN:最初に見せてもらったとき、これは間違いかと思いました(笑)。

——普段のテンプラのくっきりぱっきりした色味とは真逆だからね(笑)。

いつか:衣装も私が履いてるのはケミカルウォッシュで。

——カリスマも80年代カルチャーはリアルタイムじゃないもんね。

ゴンチ:そう。だけど、アルバムとかで、お父さんとかお母さんがケミカルウォッシュの写真とか見たことあります。

いつか:でも、まったくしたことのない格好だったんで。終始、私は浮かれてました(笑)。

——テンプラは持ち前のキレキレダンスを踊っていますが、今回の振り付けのポイントは?

YU-KA:歌詞に合わせてミイラぽい動きがサビとかいろんなところに入ってるので、そこがポイントですね。

——動きで難しかった部分は?

P→★:間奏のところですね。

YU-KA:「ビビビビ、ビー、ビ、ビービービ、ラリラリ」っていうところで、その1個1個の音、全部に合わせて動いてて。

NaNaHo:あれは忙しかったー。

P→★:揃えるのも大変だったしね。

いつか:いやいや、こっちもびっくりしたよ。「こういう振り付けになりました」みたいな映像が送られて来たとき「エーッ? もうナニなに!?!?」と思って。

ゴンチ:早送りしてるのかと思ったもんね。目が追いつかなかった。

いつか:ビッグアイなのにね(笑)。